2018年7月20日 (金)

滝のCC「夏の味覚祭」

2018/07/20金曜日、札幌も今日は晴で29.3℃、風は東南東で4m/sの中風。
滝のカントリークラブで開催の「夏の味覚祭」に参加。
熱中症対策で、チェンライのライチ入りのスポーツドリンクを持参。
コースは好天の為かかなり混雑して居た。
コンペは76名と大勢の参加。
スタートは、西コースから東コースへ08:59と遅いスタート。
パートナーは、初対面の方々で尾崎氏・中村氏・大橋氏。
アプローチとパットを少し練習してスタートに向かった。

08:59の定時に西コースをスタート。
1番のミドル、1Wはプッシュして左山法面のラフへ。2打目もG手前の左ラフへ、3打目でG手前に運ぶ。アプローチと1Pで何とかボギーでスタート。
この1番はかなり難しいので、ボギースタートは想定内。
2番のミドル、1W+9Iでナイスオンのパーをゲット。
3番のショート、結構ミスして手前の崖下に落とすケースが有るので、9Iのフルショット。今日初めてのジャストインパクトが出来たがややフック気味でG右奥にオン。左奥のピンに対して長いスライスラインを3Pでボギー。止むを得ないと納得。
4番のロング、2打目をプッシュして左の深いラフへ。3打目はラフに負けて引っ掛けショット。アプローチに助けられてラッキーなパーをゲット。
5番の苦手のミドル、2打目でG左へ。アプローチは何とか上手く寄ったが、短いOKのパットを外しての3Pのダボでガッカリ。
6番のショート、8IはプッシュでG左サイドのラフへ。アプローチがピタリでナイスパー。
7番のミドルでも2打目をG左に外したが、アプローチに助けられてのパー。
8番のロング、1W+5Wはマアマアだったが、3打目のアプローチがショート、再度のアプローチと1Pでヒヤヒヤのパー。
最終のミドル、ややフォローを意識して3Wの1打目はナイス、2打目の7WもG左まで、アプローチと1Pでナイスパーをゲット。
久し振りに西コースで、3Pを2回も打ちながら40で上がることが出来た。
グリーンは固く速いのでかなり難しいが、面白い。

東コースに廻る。
1番のミドル、1Wは左ラフへ。ラフからの9IはG左端へギリギリオン。上りの長いパットは上手く寄ったが、OKに近い2P目を外して3Pのボギーでガッカリ。
2番の左ドッグのミドル、1Wはややプッシュ気味だったが、特設ティー中、2打目でピン下へナイスオンしたが、2mのバーディパットを決めれずに只のパー。
3番のロング、3打目のバンカー超えのアプローチがショートしてバンカーを超えただけ、続くアプローチとパットに助けられてのラッキーなパーをゲット。
4番のショート、6IのショットはジャストインパクトとならずにG右手前にショート。アプローチとナイスパットでパーをゲット。
5番・6番は、ショットが乱れ気味で、パーオン出来ずにボギーの連続。
7番のショートでは、又も短いOKパットを外して3Pのボギー。
8番のロング、1Wはチーピン気味のフック球で右山法面からバンカー内へ。バンカーからの6Iは上手く打てた。3打目の9Iのショットは当たりが悪くG手前のバンカーへ。バンカーショットは足場の砂はあったが、ボールの下は少なくショートして脱出できず、再度のバンカーショットとナイスパットでナイスボギー。ダボを覚悟していたのでラッキー。
最終の9番のミドル、1Wは又もチーピンフックで右山裾のバンカーへ。アイアンで脱出し、バンカー越えのアプローチ。SWで上手く打ったが、スピンが効かずにグリーン奥へ。逆目のラインと思ったが、下りで意外に速く、1Pはピンを遥かにオーバーして3Pのダボ。
東コースは、5番以降失速して、パーを取れずに43と不完全燃焼のスコア。

グロスは、83とマアマアだったが、目標にしているジャストインパクトのショットは2回位で不満足なラウンドとなった。
絶好のゴルフ日和で好スコアが続出の予想だが、表彰式での成績表を見ると、意外に全員苦戦していた。ベスグロはGティー使用の方が77でレギュラー使用の方では79だった。
シニアチャンプのS氏は流石に80、意外にも古川氏や山本(公)氏が苦戦。ゴルゴル会の佐々木氏も大苦戦。

表彰式では、ダボ2個が幸運にもKHになりHDCPは10.8で5位に入賞し、北海道メロン2個入りケースを頂戴した。
メロンは今が旬、冷やして美味しく頂戴し明日からのラウンドに備えよう。
バイキングの昼食終了後は、ゆっくりサウナに入り、疲れを癒して帰宅。

20180720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

九十九会2018年7月例会コンペ

2018/07/13金曜日、曇で23.9℃、風は弱く北北西の1m/s。
九十九会の7月例会コンペが、札幌北広島ゴルフ倶楽部/西コースで開催されるので参加。
小雨が落ちており、今日の天気予報もあまり芳しくないので、コース到着後、受付は保留し皆の参加を待った。
全員が集合し、協議決行を決定。

天気は傘を必要としない位で、ラウンドには殆ど影響がなくラッキーだった。
OUTを猪苗代氏と山形氏と09:22にスタート。
1番のミドルからショットのミート率が悪く、ダボのスタート。
2番のミドルでは、何とか誤魔化しの2オンしたが、パットを行ったり来たりの4回で連続のダボ。
3番のショートでも3P。
パターの芯で打つことを心掛けているが、ことごとくオーバー。
が、打感は悪くないので、後は距離感だけだ。
ショットは全て悪い。ダボとボギーのオンパレードでスコアは天文学的だ。
結局OUTは、パーが1個でパター数が21と多くて、スコアは49となり、ようやく50台を免れた状態。

INに廻る。
10番のロング、1打目と2打目はマアマアだったが、グリーンを狙うPWがザックリのチーピンで池ポチャ。3Pも加わって6オン3Pの「9」を叩いてしまった。
西コースは、素晴らしいレイアウトだ。
思い切りのショットが打てるし、グリーンも良くメンテナンスされており、人気が有るのは納得できる。
小生のラウンドは、散々で今年のワーストの状態。
「ジャストインパクト」を意識しているのが原因かどうか、ややダフリ気味に低い弾道のショットばかりで期待通りの飛距離が出ない。
だが、ようやく8番のショートで昨日以来の納得のショットが出た。
157Yの打ち下ろしだが、やや弱いアゲンストの中、7Iのショットは狙い通りのジャストインパクトが出来た感じ。
高い弾道で、ピン奥に着弾しグリーンをオーバーの法面まで。法面からの返しのアプローチはピンオーバーでボギーとなったが、7Iのショットには納得できた。
最終18番のミドル、気分よくショットを打ったが、1W+7Wでのインパクトはマダマダ不十分でバンカーへ。バンカーショットは狙い通りだったが、パットが強めに出てのボギー。
不完全燃焼のままホールアウト。

OUT:49+IN:48でグロス97と今年のワーストを記録。
だが、内容的にはかなり満足している。38回も打ったパットもかなり芯で打つことが出来たし、全ショットにジャストインパクトを狙うことが出来た。結果は1回だけの成功だったが、これからも同じ狙いでショットの改善を実行したい。
そうすることで、5月に入れ替えたニューギアの効果も出てくると信じて!!

それにしても、山形氏と猪苗代氏のゴルフは素晴らしい。
天気にも恵まれて、スコアは別として楽しいラウンドが出来たので感謝!!

20180713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

ジャストインパクトを求めて

2018/07/12木曜日、曇で27.4℃と蒸し暑い、風は弱く東南東の3m/s。
羊ケ丘カントリークラブでの「アサヒビール杯」にエントリーしてあったので出かけた。
天気は久し振りに回復しそうだ。
ホームコースの羊ケ丘CCでのプレーは、今年少ない。
前回の真駒内CC/空沼での同伴プレーヤーの古川氏の素晴らしいショットが目について忘れられない。
今日は、ジャストインパクトを心掛けてみよう。
08:10にINコースからスタート、同伴は伊藤氏と早川氏。谷川氏はキャンセルしたみたい。

インコースを08:10にスタート。
前々回は11打要した10番のロング、1Wはナイスショットと思ったが飛距離が無い、2打目の5Wもナイスショットの筈だが、3打目に9Iの距離が残った。以前は1W+5Wならば、3打目はSWの距離だったが、ここ数年間で飛距離が大幅に落ちた。
3打目の9Iでピンハイにナイスオンしたが、3mのバーディパットをやや強くヒットしたためピンを1m弱オーバー、返しの下りのパットは更にピンを2mオーバー、結局行ったり来たりで5P要した。パーオン5Pの「8」のスコアになった。これで今日のゴルフは終了で後は「ジャストインパクト」の集中だ。
11番のショート、6Iのショットはチーピンフックッで右にOBでダボ。
12番のミドルでもダボを打ち、3ホールで7オーバーの最悪のラウンドの始まりとなった。
16番のショートでは3Pしたが、13番のミドルと17番のロングでパーをゲットして、47のスコアで上がることが出来た。
が、目標の「ジャストインパクト」のショットは皆無で残念な結果となった。

OUTに廻る。
2番のミドルでは、パーオンするも3Pでボギーと波に乗れない。
5番のミドル、6番のロング、8番のロングではアプローチに助けられてのパーをゲットしスコアメイクに成功。
7番のショートでは、短いバーディパットから3Pのボギーが残念。
OUTのスコアは42とマアマアだったが、内容的にはかなり不満足だ。
「ジャストインパクト」を心掛けたが、1発も満足のショットが無かった。

明日の九十九回例会コンペでも、「ジャストインパクト」のショットと、新たにパターの「芯でヒット」を心掛けてみよう。

伊藤氏は私と同じスコア89でかなり不満足だったが、KHに恵まれて7位に入賞し機嫌が直った。
私は全体が悪かったので、KHに関係なく14.4のHDCPとなり13位の賞外。
天気は、今年最高の状態で楽しいラウンドが出来たので良かった、良かった。

20180712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

真駒内CC空沼でのサマーカップ

2018/07/04水曜日、小雨で20.4℃、風は弱く北西3m/s。
6月24日から約10日間も雨風の悪天候が続いている。
何時になったら、爽やかな北海道のゴルフ日和が来るだろうか?

真駒内カントリークラブ/空沼コースで開催の「6月サマーカップ」に参加した。
コースに向かう途中、雨風が強くなったりと不安定な天気。
案の定、コースでは半数以上がキャンセルで、大幅に組み合わせを変更してのスタート。
OUTより、古川氏・大西氏・谷川氏と08:17にスタート。
古川氏や谷川氏は先日も同伴した間柄。
天気も悪いので、練習も無しにスタート。

OUTを08:17よりかなり早くスタート。
1番のミドルで1Wをプッシュで左ラフ、2打目の7Wは大テンプラ、3打目の8Iがナイスオンで何とかボギーのスタート。
2番のミドル、1Wは又もプッシュで左ラフへ、2打目と3打目のアプローチは上手く当たったがGオーバーでダボ。
3番ロング、1Wは又もプッシュで左山法面へ、2打目は出すだけでアプローチも寄らずに5オンの連続ダボ。
4番のミドル、ナイス2オンしたが、お先のパットを外して3Pのボギー。
今日は何をしても上手く行かない感じで、早くホールアウトがしたい。
5番のショート、1打目はプッシュのミスだったが、アプローチが上手く行って初めてのパーをゲット。
6番のロング、1Wは今度はチーピンで右ラフ、3オン出来ずにボギー。
7番のミドル、1Wは久し振りにナイスショットと思ったが、意外に距離が出ていない。
8番のショートでは、7Iのショットは短くG手前のバンカーへ。バンカーショットが上手く寄ってのパーをゲット。
9番のミドル、1打目と2打目が上手く行きナイスオンしたが、バーディパットを外してのお先のパットを又も四敗して3Pのボギー。
OUTでは、パーオンした2つのホールで、イージーミスパットを打ってスコアを崩した。
それにしても、雨の中全ショットが悪すぎる。
スコアは46となってしまった。

INに廻る。
10番のミドル、1Wが当たらない。2打目の7Wは又もテンプラで左山の樹の根元。3打目がG奥のピンに対してナイスオンのラッキーなボギーでスタート。
11番のロングでは、何とかパーをゲット。
12番のロング、3打目がGに届かずにボギー。
13番のミドル、2打目の6Iが上手く行きナイスバーディーをゲット出来た。
14番のショート、感触が良かった6Iでナイスオンのパー。
15番のミドル、1Wはソコソコだったが、2打目はライが悪く6Iでレイアップの3オン。ピンの上4mからの下りパットはオーバーで、返しも入らずに3Pのダボ。
これでガックリ。
16番のミドルでも、2打目の7Wをプッシュのミスでボギー。
17番のショート、アゲンストでの3WはプッシュでG左手前のバンカーに入れてのボギー。
18番のミドル、1Wは酷いプッシュで左山の中へ、ようやく球を見つけて脱出し4オンのダボ。
それでもINはダボ2個ありながら、何とか43で上がり面目を保つことが出来た。

古川氏は相変わらず調子がいい。この悪天候の中でもフォームが綺麗でよく飛ぶ。一回り若いし、九十九会の山形氏みたいにゴルフが上手い。
特に皆が苦戦する17番の長いショートはアゲンストの中、アイアンでナイスオン。
18番の長く打ち上げのミドルでもアゲンストだったが、2打目はアイアンでG手前まで運んだことにはビックリと同時に大拍手だ。

ホールアウト後、更に雨は強くなった。
ダボ4個の内3個がKHになり、バーディーもKHだったがHDCPは13.2とやや恵まれて6位に入賞。
天気が悪すぎたので、参加者のスコアも悪い。ベスグロはGティーからの83だった。
表彰式/昼食の後、ゆっくりサウナにて疲れを癒した。
それにしてもショットが悪過ぎる。

20180704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

今年初めての石狩平原カントリークラブ

2018/06/29金曜日、小雨で23℃、中風で6m/s(南南東)。
昨日羊ケ丘CCからの帰りに、石狩平原CCに電話したが繋がらなかった。
当日のキャンセルは迷惑を掛けるので、小雨とかなりの風の中、更にショットの調子が悪いながら、あまり気も乗らないが早目に自宅を出発。

コースに到着したら、札幌より更に雨風が強い。そして寒い。
大会は「アサヒビール杯」で、かなりのキャンセルが有ったらしいがそれでも95名が参加している。
私は南コーススタートの3組目と早い。
同伴には達本氏が居た、渋谷氏と米倉氏とは初ラウンド。
今日は、いろいろ考えずにおとなしくプレーすることにした。

南コースを08:14にスタート。
1番のミドル、1Wは全く距離が出ない。2打目に番手を上げて何とか2オンのパーをゲット。
他の3名も全てパーオンのパーをゲットした。
2番のショートでは、7WのショットはG手前、アプローチも寄らずにボギー。
3番のミドルと4番のロングでも、ショットの噛み合わせが上手く行かずにボギーオンのボギー。
5番のミドルでは、2打目でGオーバーさせたが、アプローチが上手く寄ってのパーをゲット。
6番のショートでは、Gセンターのピンに対しておくギリギリにオン。返しの長い下りのパットがまぐれで決まって、ラッキーなバーディをゲット。
最終の9番ロング、かなり雨も強くなっている状態の中1Wはソコソコだったが2打目をプッシュして左のラフへ、3打目はラフに負けて4オン。パットのラインを読み違えて3Pのダボとなってしまった。
が、南のスコアは41となり、この天気では上出来。

中コースに廻る。
1番のミドルでは、2打目がミスでのボギーのスタート。
3番と4番でもミスの連続。
5番のロングでは、各ショットが上手く行かずに4オン、更にパットも集中力をなくして3Pのダボを打ってしまった。
続く6番のミドルでも、上手くパーオンしたが又も3Pしてのボギー。
かなりの雨風で集中力が切れてのラウンドとなった。
最終9番のショート、他の3名はバーディーチャンスにオンして3名ともナイスパー。小生は、右のピンに対してG左端にオン、長い1stPを打てずにショート、4回目の3Pでボギーでホールアウト。
中コースのスコアは45となってしまったが、3Pが3回もあったのでは止むを得ないだろう。
今日のパット数は37回と悪すぎた。

速い組でのスタートだったので、95名がホールアウトには2時間以上待たねばならない。
ゆっくり入浴し、身体を温めゆっくり昼食を摂っての雑談。
表彰式では、渋谷氏が42+42の好スコアで準優勝した。おめでとう!!
小生は、2個のダボがKH外になり、HDCPは12.0で95名中33位だった。
天気は悪かったが、予想以上に面白いラウンドが出来た。
これも同伴パートナーのお蔭だと感謝。

20180629

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

久し振りの羊ケ丘CC

2018/06/28木曜日、曇で24℃、中風で3m/s(北北東)。
久し振りに羊ケ丘カントリークラブの午後の6月マンスリーカップに出場した。
伊藤氏・山本(昇)氏・佐藤(一)氏も出場。
今日の組み合わせは、加藤氏(初)・牧野氏と佐藤(一)氏。
佐藤氏とは久し振りの同伴だ。
真駒内CCや滝のCCのシニアチャンプのゴルフをゆっくり拝見したい。
天気は昨日までの大荒れが何とか回復、だがコース全体やバンカー等はかなり湿っている状態。練習グリーンもかなり重い。
コース到着後、伊藤氏とゆっくり昼食を摂り、12:50にインコースからスタート。

インコースを12:50にスタート。
前回苦戦した10番のロング、1打目はいきなり左プッシュで左林の中、2打目はFWに出すだけ。3打目のの5WはややチーピンでFW右のバンカーへ。4打目の8Iによるバンカーショットは珍しくナイスショットでピンハイにオンしたが、パット決めれずにボギーのスタート。
11番のショートで7WのショットをプッシュしてG左バンカーの左ラフ。2オンのボギー。
12番のミドルでは、3打目をGオーバーさせたが、返しのアプローチが寄っての1Pのボギー。
13番のミドルでも、1打目から3打目がミスの連続で4オン1Pのボギー。
今日も全ショットが悪く、パーのゲットが出来ない苦戦の連続だ。
佐藤氏は全てに上手く1オーバーで進行。
14番のミドル、1Wはややプッシュ気味だがFW左サイドへ。2打目の5Wは強烈なフックで右OB、打ち直しの4打目も同じ5Wで全く同じ右OB。6打目は思い切り左を狙う。7オン2Pの「9」を叩いてしまった。
今日も50以上のスコアが頭をかすめる。
が、続くミドル・ショート・ロングと頑張って連続パーで切り抜けることが出来た。
最終の18番のミドルでは、3打目のアプローチが寄らずにボギー。
結局INのスコアは46となってしまった。
ちなみに佐藤氏は38の好スコア。
前の組の山本氏も同じ38の好スコア。

気を取り直してOUTに廻る。
3番ミドルでは想定内のボギー。
4番ショート、5Wでグリーンオーバーさせ、返しのアプローチも寄らずにボギー。
5番のミドルでは、2打目がG手前のバンカーに捉まってのボギー。
6番ロング、1Wはソコソコだったが、2打目の5Wをプッシュさせ左山の法面へ、3打目を9Iで上手くピンハイにオンさせたが、短いパット決めれずに起死回生のバーディーはゲット出来なかった。
8番のロング、1WはまさかのチョロでやっとFWに届いた位。2打目と3打目を5Wで打ったがGに届かず、4打目のアプローチはGオーバーさせ5オンのダボ。
最終の9番のミドル、1Wはソコソコだったが、2打目はGを狙わずに7Iでレイアップし3オンのボギー。
OUTのスコアは42となった。
ショット全体が悪過ぎる状態では、よく頑張ったスコアだと納得。
これもホームで、よく知ったコースだから、悪いなりにスコアメイクが出来たのだろう。

佐藤氏と山本氏はOUTも同じ40の好スコア。
表彰式では、カウントバックで山本氏が優勝で佐藤氏が準優勝。
伊藤氏が頑張って4位に入賞し、私はラッキーにも5位に入賞。
午後のスタートで、プレーの進行が遅かったので、終了もかなり遅くなった。
シャワーを浴びて、即帰宅。

20180628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

滝のCC「サッポロビール杯」

2018/06/22金曜日、曇後晴で19℃、風は弱く南南西で1m/s。
既にエントリーしてあった、滝のカントリークラブで開催の「サッポロビール杯」に参加。
08:52とやや遅いスタートだったので、ゆっくり出発。
コースでは、久し振りに佐藤(一郎)氏と再会できた。
今日の同伴者は、冨田氏・佐藤(順)氏と谷川氏。
各人とは以前にも同伴している知った仲なので和気藹々の楽しいゴルフが予想される。
天気は絶好のゴルフ日和。昨日までの強風は止んで穏やかな南風が吹いている。
西コース-->東コースへ、最終一組前のスタート。

西コースを08:52にスタート。
1番のミドル、2打目の7Iがプッシュのミスでボギースタート。
2番のミドル、1W+9Wが上手く行きナイスパーをゲット。
3番のショートは過去に9Iでホールインしたことのあるホール。アゲンストでG奥のピンに対して9Iは当たりそこないのスライスでOB。3打目は大ダフリで4オンのトリプルでガックリ。
4番のロング、1Wはややプッシュで左ラフへ、2打目は上手く行ったが、SWでのアプローチをミスして4オン。短いパットを決めれずにボギー。
5番のミドル、2打目の9Wをミス、PSでのアプローチも寄らずにボギー。
6番のショートでは、7Iでピン左ハイにナイスオン、1m弱のパットを決めれずに残念なパー。
西の最終の9番のミドル、1Wは良く飛んでクリーク直前の深いラフ、7Iの2打目はミスして飛ばずにFW右サイドの池方向へ。ボールは赤杭は超えていたが何とかSWで脱出Gオンのボギーでホールアウト。
西コースは、3番の大きなミスと数回の短いパットを外しての残念な43のスコア。

東コースに廻る。
1番のミドル、1WはFW左にマアマア、2打目の8IはトップしてG右サイドのバンカーへ入れてのボギー。
2番のミドル、2打目は7IでG奥のピンにピタリと決まってのバーディーをゲット。
3番の苦手のロング、PSでのアプローチはミスして、G奥のピンに対して大きくショート。この長い打ち上げのロングパットが決まって連続のバーディ。
4番のショート、6Iのナイスショット(?)はややショート、PSのアプローチはピンをオーバーし、返しのパットも決めれずのボギー。
5番のミドル、G奥のピンに対して、G手前にオン。1stPは打ち上げの長い距離を上手くアジャストで来てピンを60cmオーバー、2stPは下りの速いラインにパンチが入りピンをオーバー、返しも決めれずに4Pのダボとなった。
8番のロング、2打目の5Wをミスして距離が残った。8Iの3打目は大ダフリショート。バンカー越えの約70YをSWのロブショットでピンハイ1mにナイスオンしたが、パット決めれずに残念なボギー。
最終の9番、2打目の6IのショットはG手前に、PSでのアプローチはピン1m左に乗せたが、短いパットを決めれずにボギーでホールアウト。
東コースは、40のスコアとなった。
40は上出来のスコアだが、ラウンド内容から、やや不満足な状態。

表彰式では、西3番のトリプルと東5番のダボがKHになっていたが、2個のバーディーもKHに入っていて、HDCPは8.4と厳しかった。が、10位に入賞したのはラッキー。
ゆっくりサウナに入っての帰宅。

20180622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

最近のコースは高速グリーンだ

2018/06/21木曜日、曇/晴:19℃、風は南南東で強く6m/s。
札幌南ゴルフクラブ/駒岡コースで開催の「ジャスマックプラザ杯」に参加。
同伴は、山本氏・木村氏・宮下氏。
山本氏がエントリーしてくれた大会だ。
天気予報では雨だったが、空の所々は青空が出ており心配はない模様。

駒岡コースは、以前1回ほどラウンドの記憶がある。
コースは、6月19日(火)にシニア選手権トーナメントが開催されたとのことで、メンテナンスは最高。
そしてグリーンも速い。
更に風が強く、かなり苦戦が予想される。
昨日の嵐みたいな天気でも、大きなコンペが有ったそうだ。

INコースから08:12にスタート。
10番のミドル、強いアゲンストの中1Wはナイスショット。だが2打目の5Wはプッシュスライスで左山へ。大きな木の根元にて3打目は打てずにちょい出すだけ。ダボのスタートとなった。
11番のショート、9Iのショットはチーピンのミス。SWでも乗らずに3オンの連続ダボ。
最悪のスタートとなった。
12番のミドルでは、何とか2オンのパーをゲットし一息ついた感じ。
13番のミドルでは、短いパット外してボギー。
15番のミドルでは、2打目の9Iがミスしてのボギー。
アプローチに助けられたパーが2個あり、INのスコアは何とか43に纏めることが出来た。
この風と高速グリーンで、知らないコースでは、マアマアの上りだと思う。

Img395

天気も晴れて来たので、コースから見る景色は最高だ。

OUTに廻る。
1番のミドルでは、バーディチャンスからまさかの3Pボギー。ガックリ!!
2番のロングでは、3打目のPWのアプローチを失敗し、更に又も3Pを打ちダボとなった。
この頃から、各ショットの感じが悪く、イメージが湧かない。
5番のロングこそパーオンのパーとゲット出来たが、その他のホールでは、2打目とアプローチが全く出来ずに、ボギーのオンパレード。
結局、OUTのスコアは45と残念な結果になった。

駒岡コースでは、キャディー付き乗用カートの使用だ。
カートには、最新式のナビが付いており、又各人のスコアも入力出来、この入力結果がアテストの代わりになっている。
又、駒岡コースのイメージだが、平たんを予想していたが、結構アップダウンがあり、慣れないとターゲットの設定が難しいと感じた。
ファウェイやグリーンのメンテナンスは最高だった。

表彰式では、HDCPが13.2となって91名参加中の37位だった。
ラッキーセブン賞の設定が有ったので、今年の「北海道メロン」2個セットが賞品として当たった。本当にラッキーだった。
又、山本氏は、全く私と同じスコア(43+45=88)だったが、KHに恵まれてHDCPが18.0の準優勝だった。おめでとう!!
昼食のバイキングも、結構美味だった。
多人数の大会だったが、終了も意外に速く、OPコンペの運営の力を見た感じ。

20180621

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

不完全燃焼の空沼コース

2018/06/19火曜日、曇で18.0℃、風は強く6m/s(南南東)。
エントリーしてあった、真駒内カントリークラブ/空沼コースで開催の「ペプシコーラ杯」に参加。
天気は上々、だが風がかなり強い。
コースには、佐々木氏や木村氏が参加していた。伊藤氏や早川氏・山本(公)氏はお休みみたい。
PSによるアプローチの練習を少し行ったが、時間になったのでOUTへ廻る。
今日のパートナーは、古川市と渡氏で3バッグ。OUTの最終組だ。

OUTを08:38にスタート。
1番のミドルは強烈なアゲンスト。前回は北北西の風が強かったが今日は真反対の南南東の風が強い。2打目は前回はPWで2オンしたが、今日は7WでGオーバー。PSで返しのアプローチはピンをオーバーしてボギースタート。
今日のグリーンは滅茶苦茶速い。
2番の長いミドルはフォローの風。2オンは出来ずにアプローチは上手く寄ったが、短いパットを決めれず。
3番のロングはパーをゲット。
4番のアゲンストのミドル、2打目がG左に外してのボギー。
5番のショートでは、7IでGオーバーさせ、PSのアプローチは寄らず。
6番のロングはフォローの風で、1Wはマアマア、2打目の5Wはプッシュのミス4オンしたが1Pでパーをゲット。
7番の苦手のミドルはアゲンスト。1Wは上手く行ったが、2打目をプッシュして3オン。サイドからの曲がるパットを打てずに3Pのダボ。
この当たりからパットの調子が可笑しくなってきた感じ。
8番のショートでは、8IでショートしてG左手前のバンカーに入れてボギー。
9番のミドルはフォロー、2打目のPWはショートしたが、アプローチに助けられてパーをゲット。
OUTのスコアは43となったが、やや不満足。

INに廻る。
10番のミドル、1Wはミスしてチーピンの右ラフへ。G最奥のピンに対して7Wを2打目で使用。このホールで、7Wを使用した記憶はあまりない。7WのショットはG左手前のバンカーへ入れてのボギー。
11番のロングでは、3打目の7Iがシャンクしてしまった。
12番のロング、1Wは上手く打ったが、2打目の5Wをプッシュのミス。3打目の5Iも又もプッシュ、PSのアプローチもミスしてG奥のピンに対して手前に乗っただけ。長い打ち上げの1stPは打てずに3Pのダボとなってしまった。
14番のショートでは、7IでG左サイドにオン。右サイドのピンに対して速いフックのラインを打てずに3Pのボギー。
17番のショートでは最悪の結果。強いフォローだったので、7Wを使用、これが当たらずにスライスでG左手前のバンカーの入り口の深いラフの中へ。2打目は脱出できずにバンカーへ。3打目のバンカーショットは出ただけ。PSでのアプローチもミスで大きくショート、1stPもショートして何と3Pの「7」となってしまった。ガックリだ。
最終の18番の長い打ち上げのミドルは強いフォローの風。1Wは近年にないナイスショットでFWセンターへ。PSでの2打目はショートしたのが残念。アプローチはオーバーさせてのボギー。
結局INは47のスコアになってしまった。
グロスは90と大台に乗ってガッカリ。

今日は、ドライバーショットが15番と18番で最近にないナイスショット等と時々当たるが、ミスも多い。2打目とアプローチは散々で、パットもグリーンの速さに完全に負けてしまった。
表彰式では、17番の+4がKH外で最悪。HDCP12.0となって17位の賞外。
天気は絶好だったし、風は強かったが爽やかで、北海道のナイスゴルフを楽しむことが出来た。スコアだけは別として・・・・・。

20180619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

九十九会6月例会

2018/06/15金曜日、晴で18.0℃、風は弱く4m/s(北北西)と絶好のゴルフ日和。
札幌北広島ゴルフ倶楽部/南コースで、6月の九十九会が開催された。
コースに到着してビックリ、54Hある大型のゴルフ場だが、駐車場は略満杯状態。
今日は昨日までと違い絶好のゴルフ日和で、大勢のプレーヤーが着ている模様。
札幌市内から近くて、コースのメンテナンスも良好なので当然か。
爽やかな北海道のゴルフプレーが楽しめる季節になったことを実感した。

OUTより09:22にスタート。
パートナーは、猪苗代氏と藤原氏。
共にお上手な方なので、足を引っ張らないように注意してスタート。
1番のミドル、1WはミスショットだがFWセンターに、2打目は9Iでナイスオン、1stPはマアマア。残り1m弱のパットから3回掛かり、都合4Pの最悪のダボスタート。
北広のグリーンは、速く難しいのを承知していたが、安易に「お先に」をして失敗。
3番のロングでも3Pのボギー。
OUT最終の9番のショート、8IのショットはG右のラフへ。下りの深いラフから寄せることが出来ずに、しかも3Pも加わってダボを打ってしまった。
OUTはダボ2個、ボギー4個、パー3個の結果44とガッカリのスコア。

INに廻る。
猪苗代氏と藤原氏が快調にスコアをメイクしていく中、私は池ポチャとOBで苦戦。
10番のロング、良い所に3オンしたが、短いパット外して3Pのボギー。
12番の苦手のミドル、案の定1Wをチーピンして池ポチャ。残り180Y位をGオーバーさせてのダボ。
15番のショート、1打目をチーピンの大ミスで池ポチャのダボ。
16番のミドル、1Wはチーピンで右池の先にあるバンカーへ。2打目はバンカーが柔らかくて足場も取れずに出しただけ。3打目は無理してGを狙ったが、大きくフックして右のOBへ。5打目はGの右サイドに、寄せて1Pのトリプルとなってしまった。
17番のロングでも、3打目をGオーバーさせてのボギー。
結局INのスコアは、46となり、グロスで90を叩いてしまった。

猪苗代氏と藤原氏は順調に好スコアを連発。
特に藤原氏は、INで2バーディーの35とアンダーの好スコア。お見事。
が、上には上が有るものだ。後続の山形氏が75の好スコアでホールアウトして来た。
ご立派!!
他のメンバーも、良いスコアが続出。
今日みたいな、絶好の天気で90と残念な結果を残したのは、私一人。ガッカリだった。

20180615

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«まるで真冬のような寒さの中をラウンド